29 Aug.2015~5 Sep.2015

ケラマ - 5日目・エピローグ -


今年のケラマ・阿嘉島ダイビングもとうとう最終日。楽しいことはすぐに終わっちゃいます。
最近ではオケアノスにもナイトロックスが常備されて全てのダイビングにエンリッチド・エアーという 酸素分圧が高い空気ボンベを使ってダイビングをしています。 人によっては「全然効果ない」と言う人もいますが、ボクにとっては最高で、疲れ方も違うしスキップ(呼吸)しても 頭痛を起こすこともなくなりました。何と言ってもドロドロ血液を自負するワタクシには減圧症の発症率低減もありがたいところです。 これでダイビング後も心置きなくルービーが飲めるってモンです。

今日は朝から晴天今日は朝から晴天

慶良間 [2015-09-03]

【52/1205・奥武島北】
天気:晴れ、風向:南東、風力:1、気温:31℃、水温:28.1℃、波高:膝~腰、流れ:なし、うねり:なし
透視度:35m、最大水深:25.8m、平均水深:11.4m、潜水時間:55分、Enriched:36%

朝一番は阿嘉島の西側にある奥武島(オーウジマ)。所謂"地形派ポイント"でダイナミックな水中風景が広がります。 運がいいとカシワハナダイがブイブイいわせているところが見れたりソフトコーラルが広がるカットが撮れるのですが、 今日は両方共鳴かず飛ばず。ソフトコーラルも先週の台風でヤラれてしまったようです。

奥武島奥武島
こんな風景が広がりますこんな風景が広がります

こんな所では目標もなくボクは所在無げにブラブラとその辺を散歩するのが常ですが、 今日は折角貸し切りでやりたい放題なので、普段からケラマのどっこに行っても見られる超普通種をじっくり見てみることにします。 でもいざ撮ろうとすると魚も殺気を感じてか妙に落ち着きがなくなるんですよね。 でもハタタテハゼは逆光の中で透けたヒレが綺麗だったので頑張ってみたのですが、透明感を出しながら色彩も軽く出そうと思うと 何とも難しい(^^;

イシガキカエルウオイシガキカエルウオ
ハタタテハゼハタタテハゼ

海の中にはこんなお花畑もあります。ホントはなんちゃらヒドラとか言う動物なのですが不思議と植物に見えます。 最後にホクトベラの雄を教えてもらいます。ここケラマではホクトベラの雌は割とどこでも見られますが 雄を見たのはたぶん初めてです。

愛の水中花愛の水中花
ホクトベラ(雄)ホクトベラ(雄)


今日もお昼は民宿に戻ってチャーハンランチ。今日のダイビングが終わったら荷造りしてカメラや器材を発送しないといけないので 着払いの伝票も書いておきます。流石ッ、準備がイイネ(^^)
軽くお昼寝してさぁ出発っとサングラスを掛けようとしたら「バキッ!」と盛大な音がして壊れました。マジカー?! そういえば7月に来た時はツルの部分の塗装が剥げてきたり(塗装かよ!)、 中華製のパチモンを感じさせる挙動が多かったので「やっぱりな」とは思ったのですが、 こういう壊れ方は想定外だったな(笑)


チャーハンチャーハン
壊れたサングラス壊れたサングラス
青空に映える南国の花青空に映える南国の花

 

【53/1206・サクバルの鼻】天気:晴れ、風向:南西、風力:1、気温:31℃、水温:28.1℃、透視度:30m
波高:腰、流れ:なし、うねり:弱、最大水深:20.6m、平均水深:11.4m、潜水時間:60分、Enriched:36%

ガイドさんが「2本目は海ヤギに着くクダゴンベが綺麗なポイントでいい?」と訊くので「マジャはダメなの?」と訊き返したら 「マジャに行きたいの?」 ・・・ダメですか?
じゃあ、ってことで2本目に「サクバルの鼻」で浅場を堪能してから3本目にマジャの超浅場を攻める事になりました。


レモンスズメダイレモンスズメダイ
エリグロギンポエリグロギンポ
サラサゴンベサラサゴンベ

最後は大きな根の上で燦々と夏の日差しを浴びながらアイランドグレゴリー改めヨロンスズメダイやカンザシヤドカリ、 再びの"愛の水中花"やフタイロカエルウオなどをまったりと見ながら浮上。 ガツガツしないダイビングって、いいね!

ヨロンスズメダイヨロンスズメダイ
カンザシヤドカリカンザシヤドカリ
愛の水中花~その2~愛の水中花~その2~
フタイロカエルウオフタイロカエルウオ


【54/1207・マジャ】天気:晴れ、風向:-、風力:0、気温:31℃、水温:28.9℃、透視度:7~8m
波高:なし、流れ:なし、うねり:なし、最大水深:5.8m、平均水深:2.3m、潜水時間:68分、Enriched:36%

午後は予定通りにマジャ。フェリーが着く港の隣のビーチで、船で30秒。 浅い明るい砂地と幾つかの根。岸に向かって行くとアナサンゴモドキの群生とエダサンゴ。 15年前に最初に阿嘉島に来て潜ったポイントが、実はココ。 水面を泳ぐスノーケラーにさえ気をつければ、迷子になっても水面に顔を上げれば船の場所も確認できるという とてもコンビニエンスなポイントです。
まずはゴマハギやミナミイソスズメダイ。アダン下で見たミナミイソ(yg)は眼状斑がボディに掛かっていたけれど この個体はもう少し成長したステージなので眼状斑も全て背ビレに移っています。


ゴマハギゴマハギ
ミナミイソスズメダイミナミイソスズメダイ

その脇をチラチラ泳いでいるのは...「カノコベラに違いない!」と確信して狂ったように撮りまくります。 実はカノコベラ(yg)の写真はまだ持っていないのだす。よーし、OK!と思ってPCで拡大してみてみたら・・・
ムナテンベラやんかぁ~(T_T) コイツも成長につれてボディの柄が薄れて最後はジミ~な成魚になっていきます。

ムナテンベラ(yg)ムナテンベラ(yg)
ムナテンベラ(yg)ムナテンベラ(yg)
ムナテンベラ(yg)ムナテンベラ(yg)

サンゴのポリプの上をテングカワハギの幼魚がフワフワしています。 コイツを撮ったら上がろうかなと思っていたら視界の彼方でガイドさんが呼んでいます。 近づいてみるとアツクチスズメの幼魚です。しかも出っぱなし! 今まで粘りに粘ったり、ナイトで寝こみを襲ったりインドネシアまで出掛けたりと苦労を重ねてきましたが コイツは何なんだ!コンデジでもサクッと撮れて大団円となったのでありました。めでたし、めでたし。

テングカワハギ(yg)テングカワハギ(yg)
アツクチスズメダイ(yg)アツクチスズメダイ(yg)


木曜日は島では生協の日です。 本島から焼き鳥の材料がやって来る日です!という訳で最終日の夜オケは炭火焼鳥。 ガイドさんは焼鳥職人になって大活躍です。こっちが本業だっけ?(笑)

炭火焼鳥炭火焼鳥
今夜も人数以外は充実の夜オケ今夜も人数以外は充実の夜オケ

翌日は高速船の1便で那覇に向かいます。 フェリー乗り場の待合所でダラダラしていると「こんにちは!」と挨拶してくる青年。アサノさーん! なんでいつも最終日に変なとこで突然会うのかねぇ? アサノさんは嘗てマジャでアイスズメダイの幼魚を見つけてきたレジェンドです。 確か前回は我らがゲルマ方面をドライブ中に慶良間空港に草刈りの手伝いに来てましたね?(笑) 今日はお客さんのお見送りだそうですが、前回は奥さんのお腹にいた息子さんも既に3歳だとか。歳取るわけだわ(^^;

Mr.アサノMr.アサノ
またね~(^^)/~~~またね~(^^)/~~~

那覇ではホテルに荷物を預けてからモノレールで教えてもらった沖縄そば屋に向かいます。 ゆいレールに乗るのは久し振りです。以前に首里城観光した時以来かも。 市民病院前で降りて歩くこと10分ほど。高台の古民家を使った風情のあるお店「しむじょう」です。 お昼ちょっと前で店内のお客さんはさほど多くなかったのですが、しばらくすると来るわ来るわ(笑) お料理は三枚肉そばのセットメニューが950円。三枚肉たっぷりの沖縄そばとジューシー(炊込み御飯)、ジーマミー豆腐なんかが付いてます。 ジーマミーは沖縄の言葉で地豆、ピーナッツを使ったお豆腐です。 以前に沖縄に赴任していた友達に教えてもらってから大好物になりました。 帰りに那覇空港でお土産に買って帰ったりしていましたが、こういうところで手作りのを食べちゃうとパックモノはちょっちゅね~(^^;
庭のテラス席からは那覇の都心方面が一望できます。

しむじょうしむじょう
琉球の古民家を使ったお店琉球の古民家を使ったお店
三枚肉そばセット三枚肉そばセット
テラス席テラス席

国際通りで海パンなんかを買いつつホテルに戻って一息ついたところで宜野湾在住のダイビング友達のオカノさんがホテルに迎えに来てくれました。 これから宜野湾のイケてるビストロに連れて行ってくれることになっているのです。 「ちょっと時間があるから...」ということでイオンモール沖縄ライカムに連れて行ってくれました。 米軍基地が返還された跡地に作ったんだとか。地元の人には楽しいところだけど観光客が行ってもねぇ、イオンだし(笑) でも途中でキャンプ瑞慶覧とかも見たし・・・、横須賀もそうだけど基地の中って芝生が綺麗なのよね(笑) 普天間が近いのでオスプレイが見られるかもって期待してましたが、なんも飛んでいませんでした。
そして本命の「加藤食堂」。小さなお店ですが料理もワインも美味しい! いいなぁ、近くにこんなお店があるなんて。羨ましいです。

加藤食堂@宜野湾加藤食堂@宜野湾
にんじんシリシリ風マリネにんじんシリシリ風マリネ
サンマの香草焼サンマの香草焼
ハモン・セラーノハモン・セラーノ
何とかのトマト煮込み何とかのトマト煮込み

赤ワイン1本目赤ワイン1本目
赤ワイン2本目赤ワイン2本目

ビストロで散々飲んで食べたらオカノ家のワンちゃん「さくら」のお迎えです。 今日は飲み会なので犬の保育園にお預けなんだそうです。保育園に着くとたくさんの犬達が一斉にお出迎え。大騒ぎです(笑) それから再び那覇まで送っていただいちゃったのでした。オカノさん、アリヤマさん、ごちそうさまでした。 オカノさん、今度はフィリッピンで大いに飲みましょう! さくらちゃん、またね~(^^)/~~~

さくらちゃんさくらちゃん

帰りの飛行機も空いてる昼前の便です。この時間帯の便を使うにはどうしても那覇で1泊はしないといけないので 不人気なんですかね。那覇から東京に行く人もほぼ1日が無駄になっちゃうしね。 でも我らのように前夜に本島で呑んだくれる向きにはお誂え向きなんです(笑) でもこんなに天気が良いと、帰りたくなくなっちゃうねぇ。

帰りの便はガラガラ帰りの便はガラガラ
晴天の那覇空港晴天の那覇空港



[戻る][TOPへ]